副業の税金や申告の方法を知る必要性

どのような税金があるのか

税金は住民税や所得税があり、課税対象所得に応じて定められます。
サラリーマンとして働きながら副業をする人も増えていますが、職場に内緒でしても支払調書を提出しているためいずれかは判明することもあり注意が必要です。

給与で控除される税金は住民税があり、天引きされる金額が増えればほかから収入を受けていると判断されます。この場合は申告表に住民税に関する事項があり、自分で納付するようにチェックを入れればバレる心配がなくて安心です。

以上のように、課税対象所得に応じて税金が定められ、きちんと申告をして不正をしないようにする必要があります。
不正は発覚すると追徴課税になり金額が増え、せっかく稼いでも支出が多くなるためきちんと手続きをすることが大事です。

確定申告は特に重要

確定申告といえば毎年2月中旬頃から3月中旬頃までの間に行いますが、手続きの方法をきちんと確かめて完了させる必要があります。

申告をするためには書類を作成する手間がかかりますが、会計ソフトを使えばスムーズにできて便利です。申告は白色申告と青色申告があり、収入や副業の状況に応じて選ぶことになります。
青色申告は副業で損失があったときに課税対象所得を減らすことができ、帳簿が複雑でも控除される金額が大きく効果的です。

白色申告は青色申告よりもハードルが低く、会計ソフトを使わなくてもスムーズにできます。確定申告は税額を正しく計算するためには特に重要なため、事前に仕組みを覚えることが大事です。
申告は1年分の課税対象所得を正しく把握し、個人事業主なら証明できるよう書類を揃える必要があります。

事前に条件を確かめよう

確定申告をするときは収入がある条件で副業をすると年間に20万円以上になりますが、なければ38万円以上になります。

また、実際に受け取った報酬から経費を差し引いた計算するため、情報商材やツールなどを購入すると申告できるように領収書を保管して提出すれば節税ができます。

しかし、経費として扱えるものは税務署によって異なり、事前に確認してからトラブルが起きないようにすることが大事です。
申告をするときは課税対象所得を理解して行い、超えなければ逆にしなくても良いため該当するか確かめるとスムーズに手続きができます。

また、経費がかかっていることを証明しないと課税対象所得として扱われる場合もあり、不明な点があれば税務署に相談することが望ましいです。